ホンダ アコードワゴン に シビックタイプR の306馬力エンジン

モータースポーツ レスポンス

ホンダの米国部門は、11月2日(日本時間11月3日深夜1時)に開幕するSEMAショー2021において、1996年式『アコードワゴン』に、『シビック・タイプR』のエンジンを載せたワンオフモデルを初公開する。

このワンオフモデルは、「Fifteen52プロジェクト96アコードワゴン」と命名された。1990年代に、全日本ツーリングカー選手権で活躍した『アコード』をモチーフに、白、オレンジ、赤、緑の「JACCS」カラーで仕上げられた。また、日本仕様のヘッドライトや、当時のレーシングカーのエアロミラーのレプリカも採用している。

ホンダの米国モータースポーツ部門のホンダパフォーマンスディベロップメント(HPD)は5月から、シビック・タイプR用のエンジンを一般向けに販売している。公道走行は不可で、入門レースなどのモータースポーツ参加者向けに販売されている。シビック タイプR用のエンジンは従来、ホンダが米国でモータースポーツに参戦するチームなどに向けて販売してきた。このシビック・タイプR用のエンジンの販売を、一般向けに拡大したことにより、入門レースなどに参加するユーザーなどが、タイプR用のエンジンを購入することが可能になった。

シビック タイプRのパワートレインは、「K20C1」と呼ばれる2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTECターボ」。北米仕様の場合、最大出力306hp/6500rpm、最大トルク40.8kgm/2500〜4500rpmを引き出す。HPDが販売するエンジンには、エンジンブロック、オルタネーター、ターボチャージャー、スターターモーターが付属する。「コントロールパッケージ」には、HPDが開発したECU、エンジン換装用ハーネス、アクセルペダルが含まれている。使いやすさを重視して開発されたHPDのECUは、さまざまな車両に簡単に搭載できるように設計されているという。

  • 森脇稔
  • ホンダ「Fifteen52プロジェクト96アコードワゴン」《photo by Honda》
  • ホンダ「Fifteen52プロジェクト96アコードワゴン」《photo by Honda》
  • ホンダ「Fifteen52プロジェクト96アコードワゴン」《photo by Honda》
  • ホンダ「Fifteen52プロジェクト96アコードワゴン」《photo by Honda》
  • ホンダ「Fifteen52プロジェクト96アコードワゴン」《photo by Honda》
  • ホンダ「Fifteen52プロジェクト96アコードワゴン」《photo by Honda》
  • ホンダ「Fifteen52プロジェクト96アコードワゴン」《photo by Honda》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ