レクサス NX にパンクしても走れるタイヤ…ブリヂストン ALENZA 001

新車 レスポンス

ブリヂストンは、レクサスが11月以降に発売予定のコンパクトSUV、新型『NX』(Lexus NX)の新車装着用タイヤとして、ランフラットテクノロジーを採用する「ALENZA 001」を納入すると発表した。

新型NXは、走り、デザイン、先進技術を全面刷新。駆動力コントロール、空力、軽量化等の基本性能を徹底的に磨き上げた。ラインアップには、レクサスの電動化ビジョンのもとで開発された初のPHEVモデルも含まれている。

今回、新型NXに装着されるALENZA 001は、パンク時に空気圧がゼロになっても、車重を支え、所定のスピードで一定距離を走行することができるランフラットテクノロジー採用タイヤ。ブリヂストンの最新技術を搭載することで、通常走行時の乗り心地も向上している。

また、タイヤのサイド部表面に特殊な形状の突起を設けることで、空気の乱流を促進してタイヤを冷却する「クーリングフィン」を採用。より効率的にタイヤを冷却することが可能となり、ランフラット走行時のサイド部の温度上昇を抑制、耐久性の向上を実現している。

納入サイズは235/50R20 100V。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ブリヂストンALENZA 001 / レクサスNX《写真撮影 中野英幸》
  • レクサスNX《写真撮影 中野英幸》
  • ブリヂストンALENZA 001 / レクサスNX《写真撮影 中野英幸》
  • ブリヂストンALENZA 001《写真提供 ブリヂストン》
  • ブリヂストンALENZA 001:クーリングフィン(タイヤ内側)《写真提供 ブリヂストン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ