【トップデザイナーが語る】新型レンジローバーが目指した“Less is More”のモダン・ラグジュアリーとは

新車 レスポンス

日本時間の10月27日早朝、現地では26日の夜、ロンドンのロイヤル・オペラハウスで新型『レンジローバー』の発表会が開催された。ジャガー・ランドローバーのティエリー・ボローレCEOが冒頭挨拶を行い、続いて壇上に立ったのは同社のチーフデザインオフィサーであるジェリー・マクガバン。まだ新型車の姿はない。彼はこう語り始めた。

「初代レンジローバーはパリのルーブル美術館に初めて展示されたクルマでした。模範的なデザインの例として展示されたのです。あれから50年、4世代を経て、レンジローバーは世界をリードする高級SUVの地位を固めてきました。文化的かつ創造的なものを映し出して、その独自のステータスがあります。だから私たちは今、創造性と情感の砦とも言うべきロイヤル・オペラハウスにいるのです」

◆持続可能性と欲望を包含するモダニズム

次にマクガバンが語ったのは、高級という概念の変容だ。

「もちろんレンジローバーはラグジュアリーの世界に生きてきました。しかし初代が登場した頃とは世の中が劇的に変わってきて、今は持続可能性や洗練性が重要になっている。ラグジュアリーの世界がそれに関係ないとは言えません。いや、むしろラグジュアリーの世界こそ深く関係するのです」

「その一方、欲望なくしてラグジュアリーはあり得ません。高級ブランドはその製品やそれを使う経験を通じて、情感のレベルで顧客と共鳴し合っています。ですから私は、自分がそれを欲しいかをまず考えます。顧客が欲しいと思わなければ、先に進まないですからね。欲望こそが私たちのデザイン・フィロソフィーの第一の要素です」

顧客の欲望に応えるために、マクガバンがデザインで重視するのは「モダニズム」だという。

「私たちにとってモダニズムとは、装飾過多にならず、過度なディテールやラインに頼らず、要素を減らしたクリーンなデザインであること。抑制的でありながら冷たい印象ではなく、情感の部分で顧客とつながっているデザインです」

そしてマクガバンは新型を披露する前のスピーチの締め括りとして、モダニズムを象徴する二人の偉人の言葉を紹介した。まず、20世紀前半に活躍したモダニスト建築家の巨匠、ミース・ファン・デ・ローエが残した“Less is Moreという言葉”。要素を減らしてこそ伝わる内容が増えて豊かな表現ができる、という主旨である。

「レンジローバーにおいて“Less is More”は、やらずにはいられないものなのです」とマクガバン。

もうひとつはココ・シャネルの言葉である。

「彼女はかつてこう語りました。ラグジュアリーとはモノが豊かにあるところではなく、下品さがないところに宿るのだ、と」

◆シンプルさを極めた“Less is More”のデザイン

壇上に新型レンジローバーが現れた。少し時間をおいて再びマクガバンが登場し、プレゼンテーターを務める。

「息を飲むようなモダンさです。この素晴らしいプロポーションをご覧ください。レンジローバー以外にはありえないシルエットです。そして、美しくて洗練されたサーフェスがいかにクリーンかを見てください。過剰さは微塵もありません」

「3本か4本のラインでこのカタチを語ることができる」と、マクガバンはシンプルさを強調する。「穏やかに下降するルーフラインがあり、長く延びるウェストラインがあり、そしてボディの全長を駆け抜けてボディに緊張感を与えるフィーチャーラインがあります」

フィーチャーラインとは、ボンネットの開口線から始まってショルダー部を走るライン。その後端には彼が“インゴット”と呼ぶアクセントが埋め込まれている。あたかも文章の句点のように、ラインの終点を明示するのがこの「インゴット」の役割だ。

フロントは上下二つの要素で構成されている。「上はグリルを包む要素。ヘッドランプより少し下まで延ばすことで、フォーマルな印象にしました。ヘッドランプは技術を凝らしたところで、高価なカットガラスで作られたように見えるでしょう」

もうひとつの要素はバンパーの開口部だ。「2本のバーが幅一杯に広がってスタンスの良さを表現しながら、レーダーやパーキングセンサーをそこに取り込んで目立たなくしています」とマクガバンは告げ、こう続けた。

「そしてもちろん、これはレンジローバーですから、その歴史へのオマージュとしてクラムシェル型の(サイド見切りの)ボンネットを採用しました」

◆「スプリット・テールゲートでなければ、レンジローバーではない」

続いてリヤ。新型が載るターンテーブルを回しながら、「この丸みを帯びたリヤをご覧ください。それが、我々が“コードライン”と呼ぶものに収斂し、リヤのショルダーの鍛え上げられた筋肉のような力強さを強調しています」。“コードライン”とは水平線と垂直線を組み合わせた黒いライン。垂直部分はテールランプで、水平部分にはターンランプを内蔵する。

「リヤエンドのシンプルな美しさは、複雑なエンジニアリングの賜物です」とマクガバンは告げる。テールゲートはレンジローバーの伝統に沿って上下二分割。その分割線は“コードライン”の下端を水平に結ぶガーニッシュに沿って入れている。「スプリット・テールゲートでなければ、レンジローバーではないですからね」。伝統を尊重しながら、それをシンプルに表現したのだ。

モダン・ラグジュアリーを表現するために、マクガバンは新型レンジローバーでシンプル&クリーンを極めた。さまざまな機能要件を満たさねばならないカーデザインで、シンプルなカタチを追求するのは容易なことではないが、「レンジらしさ」を進化させるにはそれ以外に道はなかったのだろう。

ひと目でレンジローバーとわかるデザインである一方、進化の度合いも大きい。それはまさに“Less is More”の精神を体現するものなのである。

  • 千葉匠
  • ジャガー・ランドローバーのチーフデザインオフィサーであるジェリー・マクガバン氏と新型レンジローバー《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • ジャガー・ランドローバーのチーフデザインオフィサーであるジェリー・マクガバン氏《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
  • レンジローバー 新型《photo by LAND ROVER》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ