ダイハツ、新型セニアなど7台を出展…インドネシア国際オートショー2021

新車 レスポンス

ダイハツのインドネシア現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター(ADM)は、11月11日から21日にジャカルタで開催される「ガイキンドインドネシア国際オートショー2021(GIIAS2021)」に新型『XENIA(セニア)』など7台を出展する。

GIIASは2020年、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となり、今年はリアルとオンラインを融合したイベントとして、2年ぶりの開催となる。

新型セニアは、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」 による初のBセグメントコンパクトカー。今回のフルモデルチェンジにあたりプラットフォームを一新しCVTを採用するとともに、初めてFFレイアウトを採用した。コンパクトなボディサイズながら広い室内空間を進化させるとともに、基本性能や安全性能を向上させ、内外装デザインも刷新した。

ダイハツブースはエリアを大きく2つに区分し、ファミリーエリアでは新型セニア2台に加え、LCGC(低価格エコカー)対応MPV『Sigra(シグラ)』、SUV『Terios(テリオス)』各1台といった7人乗り3列シート車を展示。ユースエリアでは今年4月に発売したコンパクトSUV『Rocky(ロッキー)』2台やLCGC対応ハッチバック『Ayla(アイラ)』1台といった5人乗りコンパクトカー展示する。ロッキーのうち1台は、「Neo Retro」をコンセプトに、オリジナルカラーやアクセサリーでドレスアップしたショーモデルとなる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ダイハツ・ロッキー(ショーモデル)《写真提供 ダイハツ工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ