もうバイトは不要? AIカメラによる交通量調査の実証実験…オートバックスと大分市

テクノロジー レスポンス

オートバックスセブンは11月16日、従来の手動カウンターに代わる、AIカメラによる交通量調査の実証実験を大分市内で実施する。

国土交通省は、自治体と共同で5年に1度「全国道路・街路交通情勢調査」を実施しているが、国が調査する約7600区間については今年度調査から人手観測を廃止。人手不足の解消と業務の効率化、高度化、コスト削減を目指し、交通監視カメラの映像を人工知能(AI)で解析する手法を導入すると発表した。

オートバックスセブンでは、大分県由布市との包括連携における「地域防災と防犯対策の推進に関すること」の取り組みとして、今年度、河川水位監視AIカメラを用いた危険水位の自動検知に関する実証実験を実施。AI搭載の河川水位監視カメラは、従来のセンサーを用いた水位測定と比べ低コストで、中小規模の河川の見守りに適しており、警戒水位などに達した場合、関係者に通知する機能も搭載している。

今回、このAIカメラとサービスを転用し、大分市賀来西にカメラを設置し、12時間の交通量調査の実証実験を実施する。AIカメラでの観測は、車両の特徴を事前に学習したAIにより、交通量を計測。長時間連続調査や簡易的な調査でも手軽に実施でき、調査箇所を増やすことでより精度の高い観測データが得られる。なお、AIカメラによる交通量調査の実証実験は、大分県の取り組みとしては初となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • AIカメラによる交通量調査実証実験《写真提供 オートバックスセブン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ