ビーウィズ、販売価格を10-25%程度引き上げ 2022年から

テクノロジー レスポンス

ビーウィズは2022年1月1日より、同社のグループ企業であるフォーカル・オーディオ・ジャパンが輸入販売するFOCAL Car Audio製品と、企画販売するPLUG&PLAY製品の国内販売価格を、一部商品を除き約10〜25%程度引き上げる。

これは昨年来のメーカー出荷価格引き上げと輸送コストの上昇(FOCAL Car Audio製品)、部品代・原材料費および生産・輸送コストの高騰(PLUG&PLAY製品)、為替変動などによる販売原価の度重なる上昇に伴うもの。ビーウィズではこれまで国内販売価格に反映させず売価を維持してきたが、今後も同様の傾向が続くと予測されることから価格改定に至った。改定を実施する品目とその新価格については、本年12月中旬に改めて発表するという。

ビーウィズによると、FOCAL Car Audio製品については、フランス本国における新型コロナウィルス感染症拡大の影響による断続的な出荷・通関業務の遅滞に加え、北米や中国市場を中心とした商品需要の急伸、ネオジム磁石をはじめとする原材料の不足と高騰など、さまざまな要因により、既に日本国内向け商品を計画通り確保することが困難となっている。

ビーウィズの見通しでは、このような供給不足は少なくとも2022年5月頃まで続き、その後も解消される目処は立っていない。PLUG&PLAY製品についても、半導体をはじめとする電子部品類の不足と高騰、海外市場向け需要の急伸など、複数の要因によって供給不足の傾向となっており、このような状況が解消される目処は現在のところ立っていない。

  • 高木啓
  • PLUG&PLAY:メルセデスベンツ専用サブウーファー「MBZSUB/213L」(価格改訂対象の製品は未定)《写真撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ