立ち乗りモビリティでグランピングエリアの移動をサポート…マザー牧場で実証

新車 レスポンス

トヨタ・コニック・プロは、千葉トヨタグループ、マザー牧場と共同で歩行領域BEV(電気自動車)『C+walk T』のコンセプトモデルを活用した体験型アクティビティを11月26日から1月4日の期間限定で実施する。

C+walk Tは、立った姿勢で乗車できる新しいモビリティ。ステップ高150mmと低くフラットなステップで乗り降りしやすく、操作しやすいことが特徴の3輪BEVだ。

実施場所は今年オープンした「マザー牧場 グランピング THE FARM」。普段触れる機会が少ない歩行領域BEVを、グランピングエリア内の移動サポートや、アクティビティとして使用できる機会を宿泊客に提供する。料金は1日3000円、各日先着4台。

トヨタ・コニック・プロと千葉トヨタグループは、グランピングエリア内の移動サポートやアクティビティ体験を通じて歩行領域BEVの認知度を向上させ、話題性・受容性を確認。今後、街や観光地など公道での走行も見据え、多くの場所で歩行領域BEVが利用者の移動をサポートできる環境づくりに役立てていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 各宿泊棟までの移動もスイスイ走行可能《写真提供 トヨタ・コニック・プロ》
  • C+walk T《写真提供 トヨタ・コニック・プロ》
  • マザー牧場 グランピング THE FARM《写真提供 トヨタ・コニック・プロ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ