駅を中心とした近距離モビリティのシェアリング…大坂・天王寺で実証サービス 12月6日から

新車 レスポンス

大坂メトログループは、12月6日から12月15日まで、WHILLと共同で、近距離モビリティ(次世代型電動車いす)のシェアリングサービス実証実験を実施すると発表した。

電動車いす型の近距離モビリティのシェアリングサービスを鉄道事業者が実施するのは初めて。

同社は、都市型MaaS(モビリティアズアサービス)の実現に向けて、移動目的や移動先など、多種多様な顧客ニーズに応えるため、既存の地下鉄・バスをはじめ、シェアサイクル、オンデマンドバスなど様々なモビリティを連携したモビリティサービスを提供してきた。

今回の実証実験では、新たな近距離モビリティを大阪メトロの天王寺駅構内に設置し、移動困難者に加え、買い物や観光などにも気軽に利用できるサービスを提供し、駅を中心とした近距離移動をサポートする。利用料金は無料。

実証実験での結果を踏まえて、近距離モビリティの需要や利用意向などを検証し、サービスの本格実装を目指す。

  • レスポンス編集部
  • WHILLの電動車いす《画像提供 大坂メトロ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ