ポルシェ 911サファリ 市販化へ着々と…3リットルターボ搭載で443馬力か

新車 レスポンス

ポルシェが現在開発中と見られる、ハイライディング仕様(車高がリフトアップしているモデル)の『911サファリ(仮)』最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

2020年10月、ニュルブルクリンクで初めて開発車両を捉えて以降、今年に入ってからは1月、2月、4月、そして7月に出現。クロスオーバーモデルらしく、トラック、ターマック(路上)、スノーとあらゆる条件下で開発テストが行われている。

ニュル付近の市街地で捉えた最新プロトタイプは、標準の911カレラより最低地上高が約2インチ(5.08cm)高く、足まわりには295/40ピレリタイヤと20インチホイールが装着されていたという。おそらく、アクティブダンパー、より柔らかく長いスプリングを搭載し、オフロードドライブモードと、全輪駆動システムを採用、砂利/泥/雪上での運転を可能にするはずだ。

市販型では、フロントとリヤのトラックはワイド化され、ホイールアーチ、サイドシル、フロント&リヤバンパーのクラッディング、スキッドプレートを装備すると予想される。

伝えられるところによると、パワートレインは「911カレラ4」から3.0リットル水平対抗6気筒ツインターボエンジンを流用、最高出力は443ps、最大トルク528Nmを発揮するという。

最終的な車名は確定していないが、現段階では「911サファリ」が有力候補の一つに挙げられている。サファリと言えば、ポルシェでは1970〜80年代に東アフリカのサファリラリーやパリダカールラリーに参戦していた伝説のラリー仕様が有名だ。2012年にはコンセプトカー「911ビジョンサファリ」が披露されていたが、今回のモデルの発売が実現すれば、サファリの意匠を継承する初の市販モデルとなる。

911サファリ(仮)のワールドプレミアは2022年内、限定生産となる可能性が高そうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

  • Spyder7編集部
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
  • ポルシェ 911サファリ(仮)プロトタイプ(スクープ写真)《APOLLO NEWS SERVICE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ