住民の移動を支援するMaaS 加賀市で推進へ

業界 レスポンス

MaaS Tech Japanは11月29日、石川県加賀市でMaaS(モビリティアズアサービス)による住民への移動サービスの提供を目指して加賀市、ヴァル研究所と「MaaSを活用した住民向けモビリティサービスと交通版EBPMの実現に向けた連携協定」を締結したと発表した。

住民向けMaaSアプリの開発やモビリティデータ連携基盤の開発、MaaSオペレータ事業促進、データに基づいた交通マネジメント(EBPM)、経路検索を用いたモビリティサービス向上などで連携していく。

加賀市では、過疎化による利用者減少に伴って公共交通維持のための負担が増加しているほか、公共交通の担い手であるドライバー不足によって単独の移動手段での輸送効率の高い路線維持が困難となっている。

MaaS Tech Japanのデータ連携基盤統合技術やそれを活用したMaaSの事業開発ノウハウ、ヴァル研究所がもつ経路検索エンジン技術などの強みを融合、加賀市で「誰でも使いやすく、暮らしを豊かにするモビリティサービス」の実現を目指す。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ