ダイナミックマップ基盤に2つの成長企業投資ファンドが出資

業界 レスポンス

自動運転向け高精度3次元地図データを手がけるダイナミックマップ基盤(DMP)は11月29日、 TGVestキャピタル、みずほキャピタルがDMPに出資したと発表した。

DMPが成長性の高い企業に投資するグロース投資家から資金を調達したのは初めて。

DMPは 自動運転システムや高度先進運転支援システム(ADAS)の普及が本格化する市場動向を受け、 グローバルに高精度3次元地図データの整備を進めている。高精度3次元データマップは自動運転やADASに加え、MaaS(モビリティアズアサービス)やインフラ管理、防災減災、AR/VRといった幅広いシーンでの利用ニーズが高まっている。

今回、DMPでは2つのグロース投資家が株主として参画したのを受けて、国内外でデジタルインフラデータを提供する企業としての地位を確立を図るとしている。

  • レスポンス編集部
  • TGVest CapitalとみずほキャピタルがDMPに出資《画像提供 ダイナミックマップ基盤》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ