プジョー 308 新型やルノー メガーヌ、最終選考に…欧州カーオブザイヤー2022

新車 レスポンス

欧州カーオブザイヤー主催団体は11月29日、「欧州カーオブザイヤー2022」(Car of The Year 2022)の最終選考7車種を発表した。

欧州カーオブザイヤーは、今年で35回を数える。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、欧州市場で2021年に発売された新型車の中から、ベストな1台を選出する。条件は、欧州の5か国以上で販売されているモデルであること。

欧州カーオブザイヤー2022の最終選考7車種は以下の通り。

●クプラ・ボーン

●ヒュンダイ・アイオニック5

●プジョー308

●シュコダ・エンヤク・アイ・ヴイ

●フォード・マスタング・マッハE

●キアEV6

●ルノー・メガーヌE-TECH

ルノーからは、『メガーヌ』改良新型のプラグインハイブリッド車(PHV)、メガーヌE-TECHが選出された。PHVシステムは、1.6リットル直列4気筒ガソリンエンジン(最大出力160hp)に2つの電気モーター、マルチモードクラッチレスギアボックス、蓄電容量9.8kWhの400Vバッテリーを組み合わせたものだ。

プジョーからは『308』の新型が選ばれた。新型には、2種類のPHVモデルが用意される。駆動方式はFFで、トランスミッションは8速ATを組み合わせた。「HYBRID 180 e」は、「PureTech」ガソリンエンジンが最大出力150hpを発生する。モーターは最大出力110hpを引き出す。EVモードでの航続は最大60km、CO2排出量25g/km(いずれもWLTP計測)。「HYBRID 225 e」は、PureTechガソリンエンジンが最大出力180hpを発生する。モーターは最大出力110hpを引き出す。EVモードでの航続は最大59km、CO2排出量26g/km(いずれもWLTP計測)となる。

EVでは、フォード『マスタング』シリーズのEV、フォード『マスタング・マッハE』が、最終選考に駒を進めた。マスタング・マッハEには、2種類のリチウムイオンバッテリーを用意する。288個のリチウムイオンセル仕様が蓄電容量75.7kWh、9376個のリチウムイオンセル仕様が蓄電容量98.8kWhだ。欧州仕様車の場合、1回の充電での航続は、最大600km(WLTP計測)となる。

なお、欧州カーオブザイヤー2022は、2022年2月に発表される予定だ。前回は、トヨタ『ヤリス』新型が受賞している。

  • 森脇稔
  • ルノー ・メガーヌ・ハッチバック 改良新型のPHV「E-TECH」《photo by Renault》
  • フォード・マスタング・マッハE(欧州仕様)《photo by Ford Motor》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ