【レクサス LX 新型】パイオニア製サウンドシステムを標準装着

新車 レスポンス

パイオニアのサウンドシステムが、次世代レクサス第2弾となるフラグシップSUV『LX』新型(Lexus KX、2021年12月以降発売予定)に標準装着される「レクサスプレミアムサウンドシステム」として採用された。

第1弾『NX』への採用に続き、パイオニアが長年培ってきた高音質技術と最新のデジタル信号処理技術を詰め込み、次世代レクサスにふさわしいラグジュアリーなサウンド空間とパワフルな低域再生を実現する。

レクサスプレミアムサウンドシステムは、インパネやドアなどに配置される10個のスピーカーと、新のデジタル信号処理技術を搭載した8チャンネルフルデジタルアンプで構成。専用開発のボックスサブウーファーをデッキサイドに、新型18cmウーファーをフロントドアに配置し、進化した歪みの少ない迫力のある低音を再生する。また、ハイレゾ音源に対応した新型CSTをインパネサイドに配置。取付位置や角度にまでこだわった緻密な搭載設計によって、立体的かつ上質な音場を創出する。

新開発の8チャンネルフルデジタルクラスDアンプは、小型軽量化や省電力化とともに、高性能アンプICを採用するなど回路の高音質化を図り、ハイレゾ音源の再生にも対応。圧縮音源もハイレゾアップコンバート機能により限りなくハイレゾ音源に近づける。同社独自の最新音響解析技術を用いた音響チューニングを施すことで、広がりのあるステージ感とクリアな中高音や重厚でキレのある低音再生を実現する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • レクサス LX 新型《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ