ダイハツ、迅速な判断・執行に向け組織改正…ユニット制廃止、5本部に再編

業界 レスポンス

ダイハツ工業は、従来の11本部から5本部への再編など、2022年1月1日付で組織改正を行うと発表した。

ダイハツでは、ユニット制を廃止した上で、従来の11本部から「コーポレート統括本部」「くるま開発本部」「生産調達本部」「営業CS本部」「新興国小型車カンパニー本部」の5本部に再編。経営側、執行側両面で、迅速な判断と執行を実現する。

コーポレート統括本部は、SDGs対応の強化や、人材育成と効率化の両立の観点から部・室を再編し、若手経営層の早期育成の観点から、トップサポート室を新設する。

くるま開発本部は、これまでの技術統括本部、車両開発本部、パワートレーン開発本部、くらしとクルマの研究所を統合・再編。将来の環境変化に対応した戦略的商品開発に向け、先行技術開発から製品開発までを一気通貫で、一体感をもって効率的に推進する。

生産調達本部は、従来の調達本部、生管・生技本部、製造本部を統合。生産カーボンニュートラルの早期実現に向けた推進力の強化や、部品供給・BCP(事業継続計画)課題への対応を図る。

営業CS本部は、これまでの国内営業本部とCS本部を統合。ダイハツブランドを支える最新鋭の営業・CS部隊への進化を加速させる。また、カーボンニュートラルへの対応でさらに重要度が増す国内商品企画室を部組織へ変更する。

新興国小型車カンパニー本部では、部室、プロジェクトグループを統合・再編。新興国での小型車ビジネスの拡大に向け、企画から実行までのさらなる連携を強化し、一体感をもって推進する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • コーポレート統括本部《写真提供 ダイハツ工業》
  • くるま開発本部《写真提供 ダイハツ工業》
  • くるま開発本部《写真提供 ダイハツ工業》
  • 新興国小型車カンパニー本部《写真提供 ダイハツ工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ