乗用車向けパンク保証、空気圧監視システム付帯 住友ゴムがサービス開始

新車 レスポンス

住友ゴムは、業界初となる乗用車向けタイヤ空気圧監視システム(TPMS)とパンク保証サービスのセット商品「タイヤ空気圧・温度管理サービス」を、12月2日から福岡県のタイヤセレクト直営店2店舗(福岡西店・筑紫野店)で開始した。

タイヤ空気圧・温度管理サービスは、タイヤ4本の購入費用とパンク安心保証プランの保証料金が6万円以上となる各店舗先着100名が対象。1台分のTPMS(4つ)とLED付きUSBデバイス、専用アプリがつく。

同サービスでは、TPMS装着車両のタイヤ空気圧や温度に異常が発生した際に、車載のUSBデバイスのLEDが赤色に点滅してドライバーに通知。ドライバーは速やかに安全な場所に停車させ、専用アプリで異常が発生したタイヤの位置と詳細なタイヤ空気圧や温度情報を確認できる。専用アプリでは、空気圧や温度の状態を適正(青色)・低い(赤色)・高い(黄色)の3段階で表示。またスマートフォンで確認した空気圧データはクラウドに蓄積され、過去の履歴も確認できる。

近年、セルフスタンドの増加や電気自動車(EV)の普及により、タイヤがプロの目に触れる機会が減少。空気圧の過不足を早期に発見することが難しくなってきている。今回開始したタイヤ空気圧・温度管理サービスによって空気圧不足を抑制。安全・安心なドライブや燃費・走行性能の向上に貢献していく。

タイヤ空気圧・温度管理サービスは「TPMS付帯プラン」と「プレミアムプラン」の2種類を用意。パンクの保証回数はともに1回のみ。TPMS付帯プランは保証対象がパンクしたタイヤ1本のみで、保証期間は3年。料金は4400円となる。プレミアムプランはパンク本数に関わらず4本全て交換で、保証期間は2年。保証料金はタイヤ購入金額によって異なり、4400円から1万6500円となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • タイヤ空気圧・温度管理サービス概要《図版提供 住友ゴム工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ