スズキの新型SUV『Sクロス』、パイオニア製カーナビ採用…欧州向けモデルでは初

新車 レスポンス

パイオニアは、スズキが11月に発表した欧州向け新型コンパクトSUV『Sクロス』のメーカーオプションに採用されたと発表した。

パイオニア製カーナビゲーションがスズキ車に採用されるのは、国内向けの『ハスラー』『ソリオ』『ワゴンRスマイル』に続き4車種目。欧州向けの車両については今回が初の採用となる。

Sクロスに採用されたカーナビゲーションは、ダッシュボードの形状に合わせたフレームデザインの9インチ高精細HDディスプレイ搭載モデル。見やすい地図と案内表示で目的地までの最適なルートを分かりやすく案内する。車を上から見おろす「全方位モニター」の映像や、走行距離、航続可能距離、平均燃費などのリアルタイムな車両情報を大画面に表示できる。欧州42か国の地図収録に加え、17種類の言語に対応した音声認識機能も搭載。ナビゲーションやオーディオのハンズフリー操作が可能だ。

また、スマートフォン連携機能「Apple CarPlay」「Android Auto」や多様なメディア再生に対応。多彩な機能を簡単に操作できる「ナビゲーション」「車両情報」「オーディオ」のエリア表示で、カスタマイズも可能なホーム画面を採用している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スズキ Sクロス《photo by Suzuki》
  • スズキ  Sクロス 新型(欧州仕様)《photo by Suzuki》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ