ホンダ CBR400R/400X、SHOWA製SFF-BP採用で路面追従性向上

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、ロードスポーツモデル『CBR400R』とクロスオーバーモデル『400X』の仕様を一部変更し、2022年1月17日より発売する。

両モデルは最高出力46ps/最大トルク38Nmを発生する水冷4ストロークDOHC直列2気筒399ccエンジンを搭載する。CBR400Rは軽量コンパクトな車体パッケージで扱いやすさが好評のロードスポーツモデル。400Xは市街地走行からツーリングまで幅広い用途で使用できるクロスオーバーモデルとなる。

今回、両モデルともに、路面追従性に優れ、上質な乗り心地を提供するSHOWA(日立アステモ)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を採用。また、フロントブレーキをダブルディスクとすることで、制動時の安心感を高めた。さらに、スイングアームの剛性最適化やフロントホイールの軽量化を図るなど、前後の分担荷重を最適化し、前輪の接地感と旋回性を改善している。

CBR400Rはフロントブレーキにラジアルマウントキャリパーを採用した。また、ホイールデザインを一新し、軽量化することでバネ下荷重を低減。軽快なハンドリングを実現している。車体色は「グランプリレッド」、「マットバリスティックブラックメタリック」、「マットジーンズブルーメタリック」の3色を設定。価格は84万1500円。

400Xは、ヘッドライトの光量を上げるとともに発光パターンを変更することで、配光を最適化し、視認性と被視認性を向上。また、ウインカーにポジションランプ機能を採用した。車体色は、「パールグレアホワイト」と「マットバリスティックブラックメタリック」の2色を設定。価格は85万8000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ 400X(パールグレアホワイト)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ CBR400R(マットバリスティックブラックメタリック)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ CBR400R(マットジーンズブルーメタリック)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ CBR400R(グランプリレッド)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ 400X(マットバリスティックブラックメタリック)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ 400X(パールグレアホワイト)《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ