スズキ『KATANA』を副駅名に採用…天竜浜名湖鉄道フルーツパーク駅

モーターサイクル レスポンス

スズキ『KATANA(カタナ)』の名称が、天竜浜名湖鉄道のフルーツパーク駅の副駅名(愛称名)として、2021年12月7日から2024年3月31日まで採用される。

「フルーツパーク(KATANA)駅」は、天竜浜名湖鉄道による駅名ネーミングライツスポンサー募集にスズキ二輪が申し込み、スポンサー契約を締結して実現したもの。フルーツパーク駅は、KATANAユーザー向けのイベント「KATANA Meeting」の開催地である「はままつフルーツパーク時之栖(静岡県浜松市)」の最寄り駅であることから同駅を選択し、今回採用に至った。

天竜浜名湖鉄道とスズキによるタイアップは、2019年9月より継続しているKATANAラッピング列車の運行に続くもの。契約期間中、フルーツパーク駅に「KATANA」の副駅名が付くことから、鉄道利用者だけに限らず、広く「KATANA」をアピールすることでブランド力の拡大を図り、新たなファン獲得を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スズキ 新型KATANA《写真 スズキ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ