三菱 アウトランダーPHEV 新型、緊急時通報システム「SOSコール」を搭載

テクノロジー レスポンス

三菱自動車は、12月16日に発売する新型『アウトランダー』(PHEVモデル)のコネクティッドサービス「MITSUBISHI CONNECT」に、緊急時通報システム「SOSコール(エアバッグ展開時自動通報機能付)」を搭載すると発表した。

SOSコールは、急病時や危険を感じた時に室内の「SOSコール」ボタンを押すことでヘルプネットオペレーションセンターにつながる緊急時通報システムだ。同センターは通報者と会話、状況を確認し、必要に応じ消防・警察に連絡。会話と同時に発生場所や車両情報などのデータを送信するなど、警察や消防への連携をサポートする。また、万が一の事故発生時には、エアバッグ展開と連動して自動通報し、救助が必要と判断された場合は、車両情報に基づき、迅速に緊急車両などの出動要請を行う。

さらに、ドクターヘリなどの早期出動判断につなげるD-Call Netにも対応。D-Call Netでは、交通事故発生時に車両のデータを自動で分析。死亡重傷確率を推定し、このデータを全国724か所の全消防本部と全国で43道府県・52機・61病院の協力病院に通報、ドクターヘリやドクターカーの早期出動判断につなげ、交通事故での救命率向上を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 救急自動通報システム D-Call Net《写真提供 三菱自動車》
  • 救急自動通報システム D-Call Net《写真提供 三菱自動車》
  • 事故発生から治療開始までの時間を大幅に短縮《写真提供 三菱自動車》
  • ドクターヘリ基地病院におけるD-Call Netメール配信システム導入状況《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ