インテル、傘下の自動運転部門「モービルアイ」にIPO計画…2022年に上場へ

業界 レスポンス

インテル(Intel)は12月6日、傘下の自動運転部門のモービルアイの新規株式公開(IPO)を行い、2022年中旬に米国でモービルアイの株式を上場する計画を発表した。

モービルアイは、先進運転支援システム(ADAS)と自動運転ソリューションを手がけている。2021年には1億個目の 「EyeQ」 システムオンチップ(SoC)を出荷し、自動運転車のテストプログラムを米国、欧州、アジアなど世界各地の複数都市へと拡大している。

また、モービルアイは2021年、商用ロボタクシーも公開した。世界の自動車メーカー30社以上から、過去最高となる41件の ADAS プログラムの受注を獲得した。新たに獲得したプログラムは、主軸の運転支援テクノロジーから、次世代の運転支援と完全自動運転システムまで、多岐にわたる。

さらに、2023年から始まる 「Mobility as a Service(MaaS)」プログラムでも複数の契約を締結した。2024年にはモービルアイの自動運転システム用に、自動車製品や企業向け車両の設計開始が予定されている。

モービルアイは 2014年に上場したが、2017年にインテルによって買収された。インテルがモービルアイを買収してからの4年間で、モービルアイは大幅な増収と数々の技術革新を達成した。自動運転車の大規模な展開に向けて、多くの投資も行ってきた。

インテルは現在、モービルアイの株式を100%保有しており、IPO完了後も過半数を保有する予定、としている。

  • 森脇稔
  • モービルアイの自動運転車《photo by Mobileye》
  • モービルアイの自動運転車《photo by Mobileye》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ