テュフ、ヤナセクラシックカーセンターに輸入車初の「レストア車両適合証明書」

業界 レスポンス

ヤナセは12月9日、グループ会社が運営する「ヤナセクラシックカーセンター」がレストアしたメルセデスベンツ『190SL』(1958年式)に対し、第三者認証機関テュフラインランドジャパンから「レストア車両適合証明書」が発行されたと発表した。

レストア車両適合証明書は、テュフラインランドジャパンから「クラシックカーガレージ認証」を受けた工場でレストアされた車両が対象。レストア作業レポート(顧客要望に対する整備記録)が審査され、基準に適合したことを証明する。国内のテュフ認証環境の下でレストアを行い、適合証明書が発行されたのは今回が輸入車で初めてとなる。

また、クラシックカーガレージ認証は、クラシックカーの修理・整備などを行う工場に対し修理・整備の技術、品質、機器・設備に加え、運営・管理、法令順守、顧客対応など11カテゴリー150項目以上の基準に基づいた監査を実施し、クリアした工場に与えられる認証。ヤナセクラシックカーセンターは2018年4月に新設し、同年6月にクラシックカーガレージ認証を取得している。

ヤナセクラシックカーセンターでは、顧客の要望を細部まで実現できるよう進捗状況の確認を重ねて、レストア作業を完成させている。今後も技術や知識を活用し、乗って楽しむクラシックカーの提供を続けていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ