顔認証技術を活用した「住民+観光客」の乗合バス、北海道でMaaS実証実験開始

テクノロジー レスポンス

赤井川村国際リゾート推進協会(赤井川村DMO)、NEC、電通、電通北海道は、北海道余市郡赤井川村にて住民、観光客、リゾート施設従業員が共用する乗合バスの運行実証を12月11日から本格稼働する。

全国的に地域交通の維持存続が深刻化する中、人口約1200人の赤井川村は、唯一の公共交通の路線バスが2019年に廃線。その代替として、村内の観光施設「キロロリゾート」がチャーターバス事業制度内でバス運行を実施してきたが、観光客を対象とした同制度は公共性が低く、地域住民利用に課題があった。さらに、事業者の収益性や言葉の通じないインバウンド(外国人観光客)の予約・乗車プロセスの煩雑さから運行上の混乱等なども課題になっていた。今回、赤井川村DMOがキロロリゾートとともに、住民、観光客、施設従業員が共用する乗合バス制度による定期運行を開始。リゾート施設を利用する観光客の需要を取り込むことで収益性を向上し、廃止路線の復活を目指す。

一方、観光客と住民で料金体系が異なることによる予約・乗車オペレーションの煩雑さや、インバウンドの利用による乗務員の対応などの課題に対しては、北海道アクセスネットワークの予約決済システムとNECの顔認証技術を連携させることで円滑な運行オペレーションを実現。事前登録した利用者の顔認証を行うことで異なる料金体系の乗客(村民・観光客・従業員)を識別し、乗車管理の煩雑さを解決すると同時に、言語の問題と新型コロナウイルスなどの感染症対策にも役立てる。

NECは生体認証による共通のIDで、複数の場所やサービスにて顧客へ一貫した体験を提供する「NEC I:Delight(アイディライト)」の世界観の実現を目指し、本実証に取り組んでいる。電通および電通北海道は本実証の企画・広報業務等を通じ地域の抱える社会課題の解決に寄与していく。

赤井川村DMO、NEC、電通、電通北海道は公共交通と観光のDX化によって、複数の交通機関やサービスをシームレスに連携。MaaSと観光事業を組み合わせることで、過疎地域における地域公共交通ネットワークの存続と新しい公共交通スタイルの構築を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 予約、乗車イメージ《図版提供 赤井川村国際リゾート推進協会》
  • 運行スケジュール《図版提供 赤井川村国際リゾート推進協会》
  • 説明会の様子(左から、NEC クロスインダストリーユニット 本部長代理 梶道男氏、赤井川村DMO 代表理事 渡邊裕文氏)《写真提供 赤井川村国際リゾート推進協会》
  • 乗合バス乗車風景《写真提供 赤井川村国際リゾート推進協会》
  • 乗車時、顔認証画面(乗客側・運転手側)《写真提供 赤井川村国際リゾート推進協会》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ