このクラスでプレミアム取り入れたノート…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2021-2022】

業界 レスポンス

“今年を代表する1台”が12月10日、決定した。今年度の「2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのは、日産『ノート』(ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノートAUTECHクロスオーバー)となった。

42回目の開催となる今年度は、2020年11月1日から2021年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全29モデルが対象。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により選ばれた上位10モデルの「10ベストカー」の中から投票により決定した。委員はそれぞれ25点の持ち点を10車種(10ベスト)のうち5車種に配点し、それらのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。また、10点を与える車種は1車種とする。

輸入車の中で最多得票の車にはインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが送られる。輸入車・国産車を通じて輸入車が最多得票だった場合には、そのまま大賞となる。

選考委員の岡本幸一郎氏は、日産ノートに10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された岡本氏のコメントだ。

☆☆☆

ダウンサイジングや電動化といった時代のニーズに非常に良い形で応えることができていて、それが多くのユーザーからもちゃんと支持されている。加えて、このクラスのクルマとして「プレミアム」という要素を初めて本格的に取り入れた点を、積極的に評価したく思ったからです。実際に、これまでの日本のコンパクトカーにはない独特の雰囲気を感じさせる仕上がりです。今後のコンパクトカーのあり方に一石を投じるクルマとして、のちのち振り返ったときにも、ひとつの節目となる1台になることでしょう。

☆☆☆

岡本氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)

●トヨタGR 86/スバルBRZ:3点

●日産 ノート:10点

●ホンダ・ヴェゼル:5点

●三菱アウトランダーPHEV:2点

●フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフヴァリアント:5点

各賞

●日本カー・オブ・ザ・イヤー:日産ノート

●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフヴァリアント

●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW 4シリーズ(クーペ/カブリオレ/グラン クーペ/M4クーペ)

●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱アウトランダーPHEV

●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:シボレー・コルベット

●K CAR オブ・ザ・イヤー(軽自動車):ホンダN-ONE

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真提供 日本カーオブザイヤー実行委員会》
  • 日本カーオブザイヤー表彰式《写真提供 日本カーオブザイヤー実行委員会》
  • ホンダ・ヴェゼル(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)
  • VWゴルフ(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ