技術の独創性とセンスの良さでノート…島下泰久【日本カーオブザイヤー2021-2022】

業界 レスポンス

“今年を代表する1台”が12月10日、決定した。今年度の「2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのは、日産『ノート』(ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノートAUTECHクロスオーバー)となった。

42回目の開催となる今年度は、2020年11月1日から2021年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全29モデルが対象。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により選ばれた上位10モデルの「10ベストカー」の中から投票により決定した。委員はそれぞれ25点の持ち点を10車種(10ベスト)のうち5車種に配点し、それらのうち最も高く評価する車種に対して必ず10点を与える。また、10点を与える車種は1車種とする。

選考委員の島下泰久氏は、日産ノートに満点の10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された島下氏のコメントだ。

☆☆☆

どのクルマが大賞でもいいくらい良いクルマが集まった今年の10ベストカーの中で、特に日産ノート&オーラを推すのは、まずe-POWERやプロパイロットといった技術の独創性を高く評価したからです。さらに、デザイン、色使い、マテリアルの選び方といった部分のセンスの良さから、クルマ選び、そしてクルマとともに過ごす生活を、もっとも豊かに彩ってくれるクルマだと感じたことも大きなポイントとなりました。

☆☆☆

島下氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)

●トヨタGR 86/スバルBRZ:6点

●トヨタMIRAI:2点

●日産 ノート:10点

●ホンダ・ヴェゼル:3点

●フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフヴァリアント:4点

各賞

●日本カー・オブ・ザ・イヤー:日産ノート

●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフヴァリアント

●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW 4シリーズ(クーペ/カブリオレ/グラン クーペ/M4クーペ)

●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱アウトランダーPHEV

●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:シボレー・コルベット

●K CAR オブ・ザ・イヤー(軽自動車):ホンダN-ONE

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真提供 日本カーオブザイヤー実行委員会》
  • 日本カーオブザイヤー表彰式《写真提供 日本カーオブザイヤー実行委員会》
  • トヨタGR 86(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • スバルBRZ(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ