ノートはより簡単なシステムでより楽しい…塩見智【日本カーオブザイヤー2021-2022】

業界 レスポンス

「2021-2022日本カー・オブ・ザ・イヤー」が12月10日、決定した。大賞に選ばれたのは、日産『ノート』(ノート/ノートオーラ/ノートオーラNISMO/ノートAUTECHクロスオーバー)だった。日産の受賞は2011-2012の『リーフ』以来10年ぶりだ。

選考委員の塩見智氏は、日産ノートに満点の10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤー公式HPに掲載された塩見氏のコメントだ。

☆☆☆

シリーズハイブリッドのe-POWERという比較的単純なシステムで、他社の複雑なハイブリッドシステムと同等の効率を獲得し、走らせる楽しさではそれらを上回り得るのが立派。また同じ仕組みを用いながら特性を変えることで、ノート、ノートオーラ、ノートオーラNISMOという3バージョンを明快に作り分けたのも偉い。どれも狙いがはっきりしていて、それぞれ狙いに対する達成度も高い。特にNISMOは速くないのに速く感じるという意味で今っぽいコンパクトスポーツになった。

☆☆☆

塩見氏の全投票点数(掲載はノミネート番号順)

●トヨタMIRAI:1点

●トヨタ・ランドクルーザー:7点

●日産 ノート:10点

●三菱アウトランダーPHEV:1点

●フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフヴァリアント:6点

各賞

●日本カー・オブ・ザ・イヤー:日産ノート

●インポート・カー・オブ・ザ・イヤー:フォルクスワーゲン・ゴルフ/ゴルフヴァリアント

●デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー:BMW 4シリーズ(クーペ/カブリオレ/グラン クーペ/M4クーペ)

●テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー:三菱アウトランダーPHEV

●パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー:シボレー・コルベット

●K CAR オブ・ザ・イヤー(軽自動車):ホンダN-ONE

日本カー・オブ・ザ・イヤーは今年度が42回目の開催となる。今年度のエントリーは、2020年11月1日から2021年10月31日までに発表または発売された乗用車国内外の全29モデル。自動車評論家、ジャーナリスト、有識者からなる60名の選考委員により、まず上位10モデルの「10ベストカー」を選定、さらにそれらの中から投票により“今年を代表する1台”が決定した。輸入車の中で最多得票の車にはインポート・カー・オブ・ザ・イヤーが送られる。

  • 出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真提供 日本カーオブザイヤー実行委員会》
  • 日産ノート(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真提供 日本カーオブザイヤー実行委員会》
  • 日本カーオブザイヤー表彰式《写真提供 日本カーオブザイヤー実行委員会》
  • トヨタ・ランドクルーザー(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • トヨタ・ランドクルーザー(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • トヨタ・ランドクルーザー(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • トヨタ・ランドクルーザー(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • トヨタ・ランドクルーザー(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真撮影 雪岡直樹》
  • トヨタ・ランドクルーザー(日本カーオブザイヤー10ベスト試乗会)《写真提供 日本カーオブザイヤー実行委員会》
  • 日本カーオブザイヤー表彰式(最終選考会)《写真提供 日本カーオブザイヤー実行委員会》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ