京急電鉄とアイシン、混雑を避けた三浦半島周遊ルートを提案…観光型MaaSと観光ナビが連携

業界 レスポンス

京急電鉄とアイシンは、混雑を避け三浦半島を周遊するナビゲーションサービスを12月16日から共同で開始する。

本サービスは、京急電鉄が提供する観光型MaaS「三浦COCOON」とアイシンが提供するスマートフォンアプリ「Smart Buddy」とを連携させ、交通渋滞等の社会課題の解決を図るとともに、三浦半島観光の周遊性向上を実現するもの。

三浦COCOONは、エリアマネジメント組織「COCOONファミリー」に参加する三浦半島地域の観光事業者など108団体が半島全体で連携して「エリアマネジメント」と「すごしかた提案」に取り組むためのMaaSプラットフォーム。Smart Buddyは音声や画面表示で観光ルートをナビゲーションし、スポットの詳細な観光案内も提供するスマートフォンアプリ。今回、2つのサービスを連携することで三浦半島にて9つの観光コースを共同で展開する。

三浦半島では、特定エリア・ルートへの観光客の集中による渋滞や混雑の発生、点在する観光スポットの観光情報・移動手段の不足による回遊性の低さといった課題があった。このため今回共同で、混雑を避けつつ、風光明媚なルートを案内することで、混雑を避けて三浦半島を周遊する観光コースを作成した。

さらに三浦COCOONでは地域のモビリティ提供事業者と連携し、周遊時の2次交通としてレンタサイクル、電動キックボード、レンタルeバイクを提供。公共交通機関とエコな2次交通を利用したルートを提案することで、三浦半島でのCO2排出の抑制に取り組む。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 「三浦COCOON」画面イメージ《写真提供 京浜急行電鉄》
  • 電動キックボード《写真提供 京浜急行電鉄》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ