スマホを利用して遠隔でアルコールチェック DNPが開発

テクノロジー レスポンス

大日本印刷(DNP)のグループ会社DNPアイディーシステム(IDS)は12月13日、ネクストリンク製アルコール検知器をスマートフォンに接続して運転前後のアルコールチェックを遠隔で行う「安全運転管理アプリケーションmamoru」を開発し、2022年春に販売開始すると発表した。

2022年4月に道路交通法施行規則が改正され、自家用車と同じ白ナンバープレートの車両を保有する事業者も目視でアルコールチェックが義務化される予定。2022年10月には、アルコール検知器を使用した確認が必要となる。

DNPとIDSは今回、スマートフォンにアルコール検知器を接続して、短時間でアルコールチェックができる安全運転管理アプリケーションを開発した。

安全運転管理アプリを利用することで、社員の無免許運転(不携帯・有効期限切れ)や飲酒運転を未然に防止し、企業の社会的信用を守るだけでなく、運転者の安全も守るとしている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ