東京神宮外苑にレーシングカーの轟音響く…レッドブルが公道デモラン

モータースポーツ レスポンス

国内外のモータースポーツシーズンが終了した12月19日、国内で活躍するレーシングカーとバイクが東京の神宮外苑に集い「Red Bull Race Day」が開催され、都心の公道を疾走した。

神宮外苑でのレーシングカーデモランは、2019年3月にレッドブル・ホンダがF1ショーカーを使用して多くのファンの前で走行を披露したが、今回は国内を代表するSUPER GT、スーパーフォーミュラに加えて、2輪の最高峰であるMotoGPが集結。いつもはサーキットで交わることのない、異なるカテゴリーによる豪華競演となった。SUPER GTでは、今年TEAM Red Bull MUGENでGT500クラスを戦った笹原右京と大湯都史樹、スーパーフォーミュラからは今季ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)が登場。こちらは、今季実際にレースで使われたホンダ『NSX-GT』と、ダラーラ『SF19』が特設コースに持ち込まれた。

さらに、MotoGPで活躍するLCR HONDA IDEMITSUの中上貴晶もイベントに参加。こちらはレースで使用するバイクをベースに市販モデルのホンダ『RC213V-S』を駆り、デモ走行を披露した。

当日は、新型コロナウイルス感染防止対策のため人数を制限しての開催となったが、それでも約4000人が来場。なかには早朝から入場を待つ熱心なファンの姿もあった。

12時30分からショーランが始まると、まずはSUPER GTのマシンが勢いよくスタート。スーパーフォーミュラ、MotoGPバイクも、轟音をあげて疾走した。

途中にはレースシーンでよく見るピットストップのデモンストレーションも行われたほか、最後は4輪と2輪が同時にコースを走るなど、集まった観客からは、拍手が沸き起こるなど、大興奮のイベントとなった。

迫力ある走行を披露した大津は「本当に楽しかったです。みなさんの前でスーパーフォーミュラで走れましたし、モータースポーツの楽しさや魅力が十分に伝わったイベントになったのではないかなと思います」とコメント。

シーズン中は海外を拠点に活動している中上は、久しぶりに日本のファンの前に登場するイベントとなり、「コロナ禍で2年間お客さんと触れ合うことができなかったですが、これが第一歩ではないですけど、すごく楽しかったので、みなさんも楽しんでいただけていればなと思っています」と嬉しそうな表情を見せていた。

またSUPER GTのマシンをドライブした大湯は「たくさんの方が集まってくださって、注目されているなかでモータースポーツの魅力を伝えられたのは、本当によかったです。これをきっかけに、ぜひサーキットにも来ていただければなと思いますし、クルマやバイクの魅力もさらに発信できたらなと思います」と語った。

チームメイトの笹原も「こういったイベントができたことに、関係する皆さんに感謝申し上げます。引き続き、モータースポーツの魅力をどんどん発信していきながら、このような活動を続けて、より多くの人に認知してもらえるように、僕たちも頑張っていこうと思います」とモータースポーツの普及に向け、抱負を披露していた。

  • 吉田 知弘
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
  • Red Bull Race Day《写真撮影 吉田知弘》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ