ホンダ CBR250RR、2022年モデル発売へ…新色グラファイトブラックを採用

モーターサイクル レスポンス

ホンダは軽二輪スーパースポーツ『CBR250RR』のカラーバリエーションを変更し、2022年1月20日より発売する。

CBR250RRは剛性としなやかさを両立させた鋼管トラス構造のフレームに、最高出力41ps/最大トルク25Nmを発生する直列2気筒249ccエンジンを搭載。低中回転域での力強さと高回転域までシャープに吹け上がるスーパースポーツならではの出力特性を高次元で両立させている。

今回、シンプルなカラーリングで精悍なスタイリングを際立たせた「グラファイトブラック」を新たに採用。継続色の「グランプリレッド(ストライプ)」、「マットガンパウダーブラックメタリック」、「パールグレアホワイト」と合わせた全4色を設定している。

価格は82万1700円、グランプリレッド(ストライプ)のみ85万4700円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ