スズキ スペーシアシリーズ、パイオニア製9インチカーナビをオプション採用

テクノロジー レスポンス

パイオニアは、同社のカーナビゲーションが、一部仕様を変更してスズキが12月24日より発売する軽自動車『スペーシア』『スペーシア カスタム』『スペーシア ギア』のメーカーオプションに採用されたと発表した。

スズキの車両では、『ハスラー』『ソリオ』『ワゴンRスマイル』『S-クロス』に続き5車種目の採用となる。

今回、デザインを一新し、コネクテッドサービス「スズキコネクト」にも対応したスペーシアは、広くて使いやすい室内空間で安全装備を備えた軽ハイトワゴン。パイオニアの9インチ高精細HDディスプレイ搭載モデルをメーカーオプションに採用した。

同モデルは衛星観測システム「GPS」「みちびき」「GLONASS」に対応し、正確な自車位置表示で最適なルートを案内できるほか、車両購入後の3年間、地図の更新データを無料でダウンロードできるので、最新の地図でドライブを楽しめる。

また、高速道路や有料道路で入口を間違えた際などの逆走を防止するための「逆走探知機能」を搭載するほか、車を上から見下ろす「全方位モニター」の映像や、走行距離、航続可能距離、平均燃費などのリアルタイムな車両情報も大画面に表示できる。クルマとスマートフォンをつなぐ「Apple CarPlay」「Android Auto」にも対応。スマートフォンの音楽再生やメッセージの送受信、ハンズフリー通話を行えるほか、地デジやラジオ(AM/FM)の視聴、Bluetooth接続、CD/DVD、USBメモリなど多彩なメディアを再生できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スズキ スペーシア《写真提供 パイオニア》
  • スズキ スペーシア インパネ《写真提供 パイオニア》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ