【日本カーオブザイヤー2021-2022】トヨタとホンダに特別賞、3大世界選手権を制覇

モータースポーツ レスポンス

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は12月23日、トヨタGAZOOレーシングおよびホンダに「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞」を授与すると発表した。

2021年シーズン、トヨタGAZOOレーシングは「WRC(世界ラリー選手権)」と「WEC(世界耐久選手権)」を、ホンダは「F1(フォーミュラ1 世界選手権)」を制覇した。同じ年に日本メーカーがFIA(国際自動車連盟)の主催する3大世界選手権すべてのタイトルを獲得するという快挙を達成。実行委員会は特別賞を授賞するにふさわしいと判断した。

トヨタGAZOOレーシングは2021年シーズン、WRCにてドライバー、コ・ドライバー、コンストラクターズのトリプルチャンピオンを獲得。WECでもシリーズチャンピオンを獲得するとともに、ル・マン24時間耐久レースを制覇するなど、チームとして大活躍を収めた。加えて、WRCでは勝田貴元選手が日本人ドライバーとして27年ぶりに表彰台を獲得したほか、WECでは中嶋一貴選手に続き、小林可夢偉選手が2年連続のシリーズチャンピオン獲得、新たなル・マンウィナーに輝くなど、日本人ドライバーの活躍でも顕著な功績を残した。

F1参戦ラストイヤーとなった2021年シーズンのホンダは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン選手が、最終戦アブダビGPで自身初のドライバーズチャンピオンを獲得。ホンダエンジン搭載マシンを駆るドライバーとしては1991年のアイルトン・セナ選手以来、30年ぶりのタイトル獲得となった。コンストラクターズチャンピオン獲得とはならなかったが、22戦中11勝(フェルスタッペン選手10勝、セルジオ・ペレス選手1勝)と参戦チームで最多の勝利数を記録した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタWEC《写真提供 トヨタGAZOOレーシング》
  • トヨタWEC、小林選手(中央)《写真提供 トヨタGAZOOレーシング》
  • トヨタWRC《写真提供 トヨタGAZOOレーシング》
  • トヨタWRC《写真提供 トヨタGAZOOレーシング》
  • ホンダF1(レッドブル・ホンダ)《写真提供 ホンダ》
  • フェルスタッペン選手(レッドブル・ホンダ)《写真提供 ホンダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ