テスラ ロードスター 初代は2515台…ベースのロータス エリーゼ が生産終了

エコカー レスポンス

ロータスカーズ(Lotus Cars)は12月22日、『エリーゼ』の生産終了に合わせて、同車をベースにしていたテスラのスポーツEV、初代『ロードスター』の生産台数が2515台だった、と発表した。

テスラの最初の市販モデルは、2006年にデビューしたロードスターだった。同車は、英国のスポーツカーメーカー、ロータスのエリーゼの車台をベースに、テスラ独自のEVパワートレインを搭載していた。

2008年に発売された初代ロードスターは、テスラの原点となったEVだ。その後の『モデルS』、『モデルX』の成功の基礎を築いたのが、初代ロードスターだった。

初代ロードスターの「スポーツ」グレードの場合、モーターは最大出力288hp、最大トルク40.8kgmを発生。0-96km/h加速3.7秒、最高速201km/h(リミッター作動)の性能を備えていた。バッテリーはリチウムイオン。1回の充電での航続は、最大およそ393kmを確保していた。

ロータスカーズによると、初代テスラロードスターの組み立ては、英国ヘテル工場で行われていた。2007年から2012年にかけて、2515台がラインオフした、としている。

  • 森脇稔
  • テスラ・ロードスター 初代《photo by Tesla》
  • テスラ・ロードスター 初代《photo by Tesla》
  • テスラ・ロードスター 初代《photo by Tesla》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ