ディーゼル車向け尿素水不足問題、1月中に正常化へ 経産省

社会 レスポンス

経済産業省は12月24日、ディーゼル車に必要な尿素水「アドブルー」が不足している問題で、国内生産事業者をはじめとする関係者と連携して対応し、2022年1月中に国内供給量が平時の需要量を上回る見通しになったと発表した。

アドブルーはディーゼル車の排ガス中の、NOx削減に利用される。アドブルーの原料となる尿素が主要生産国である中国からの輸入停止で、国内でもアドブルーが不足している。ECサイトではアドブルーを個人間で高額転売されている。ディーゼル車の稼働にはアドブルーが必要不可欠で、懸念する声が上がっている。

経済産業省ではアドブルーの原料となる尿素の国内生産事業者に対し、最大限の増産を要請しており、国内生産事業者による最大限の増産が進んでいる。これによって1月中には、原料となる尿素の国内供給量が平時における需要量全体を上回る見通しで、中国以外からの輸入も拡充されているという。

また、経済産業省ではアドブルーの高額転売に関して注意喚起するなど、高額転売対策を進めていく。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ