【ダイハツ アトレー 新型】「大人の秘密基地」を作ってみよう…第三の居場所

新車 レスポンス

ダイハツ工業は12月20日、軽ワンボックス『アトレー』新型を発売。同社は広々としたプライベート空間を実現したアトレー新型を「第三の居場所」として活用することを提案している。

アトレー新型は、車体のスクエア化により最大化された広い荷室空間や、フラットで使い勝手の良い荷室を実現。また、荷物の取り付けや固定に便利な荷室ナットとマルチフック、車中泊時の換気に便利なポップアップ機構付リヤガラスなどを装備する。ダイハツでは、アトレー新型を家でも仕事場でもない「第三の居場所」として、「自分の趣味に没頭する」「新しい働き場所のひとつとして活用する」「大切な人と充実した時間を過ごす」など、一人一人の多様な暮らしにあった使い方を提案している。

今回は「第三の居場所」の使い方の1つとして、外遊びのプロ・勝山龍一さんに、手軽に自分の趣味に没頭できる「大人の秘密基地」にする作り方を紹介してもらった。

家でも会社でも、歳を取るにつれ自分だけのパーソナルスペースが狭くなっていると感じている人は少なくない。多くの人が、自分を表現できる場所や誰にも理解されなくても自分だけがわかるような、自分のみの領域を求めている。自分らしくいられる場所が減っている昨今だからこそ、秘密基地を持つことが心の豊かさかに繋がる。

勝山さんが伝授する秘密基地づくりの第1ステップは「自分のお気に入りの場所をつくる」。リビングに置いてある「シェルフの一段」でも良し、天井の「デッドスペース」だったり、枕元にある「ナイトスタンドの一角」など、場所と範囲を決めてここだけは「お気に入りを並べる場所」、「誰にも触らせない場所」と決めておく。車の場合も同様で、場所と範囲を決めることでそこが自分だけのスペースになっていく。第2ステップは「お気に入りのものを並べる」。その空間にお気に入りのモノを並べると、どんなに小さくでもそこが自分だけの「秘密基地」になっていく。第3ステップは「最後のひと工夫で唯一無二の空間に」。あとは自分次第。秘密基地の範囲を広げたり、別の場所にも作ったり。自分だけの秘密基地を増やそう。

アトレー新型の広い荷室空間を使えば、手軽に「大人の秘密基地」が楽しめる。ダイハツでは特設サイト「アトレー学校」を開設。秘密基地づくりのほか、車中泊など、アトレー新型による「第三の居場所」の使い方を詳しく紹介している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ダイハツ アトレー新型《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ アトレー新型《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ アトレー新型《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ アトレー新型《写真提供 ダイハツ工業》
  • ダイハツ アトレー新型《写真提供 ダイハツ工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ