駐車中の当て逃げを撮影、「見守るクルマの保険」を拡充

業界 レスポンス

三井住友海上火災保険は12月24日、「DXバリュー」シリーズに「見守るクルマの保険(プレミアム ドラレコ型)」を追加し、2022年1月から販売する。

DXバリューシリーズはる保険本来の機能に加え、事故・災害の未然防止機能や“影響を減らし回復を支援する機能を持つデジタルトランスフォーメーションを活用したサービス一体型商品。

今回、業界最高水準の機能・サービスを備えた「見守るクルマの保険(プレミアム ドラレコ型)」(略称:プレドラ)を提供する。

追加される機能は車両の前方や車内、後方・側方も撮影可能。インカメラのAIを活用し、ドライバーの表情や挙動から「眠気」「わき見運転」「携帯電話での通話」を検知し、アラート発信する360度撮像。

また、駐車中の衝撃検知時も録画可能なため、駐車中の当て逃げ被害対策が可能。衝撃検知時には、ドライバーのメールアドレス宛に衝撃検知情報が送信され、静止画の確認や動画のアップロード、専用ドライブレコーダーから音声を発話できる。

故障・事故・トラブルなどでロードサービス・事故受付・警察・消防の要請が必要な場合、緊急通報ボタンから専用オペレータへ依頼できる。

  • レスポンス編集部
  • 「見守るサイバー保険」の概要《画像提供 三井住友海上火災保険》
  • 新たな提供価値。上段左から:360度撮影機能、駐車監視機能、下段左から:常時通報機能、車外持ち出し機能《写真提供 三井住友海上火災保険》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ