なぜバイクは動くのか、どうしたら上手く乗りこなせるのか

モータースポーツ レスポンス

『図説 バイク工学入門[新装版]』

著者:和歌山利宏

発行:グランプリ出版

定価:2640円

ISBN978-4-87687-388-3

バイクのメカニズムを理解することで、さらに楽しく、かつ楽しくライディングが出来る1冊が刊行された。

著者の和歌山利宏氏は、ヤマハで開発テストに携わったほか、レース活動、テストライダーなどを務め、その後、フリーのジャーナリストとして活躍している。そういったこれまでの経験をもとに、バイクを構成する重要部品と操縦安定性、アライメント、空力など、ライディングに不可欠のメカニズムについて詳細に解説。

また、これまでの知見を活かし、独自に構築したライディングのための理論を、豊富な図版とイラストで詳細かつ分かりやすく説明している。第一線の現役バイクジャーナリストでもある著者がライダーたちに贈る、楽しく乗り、上達を目指すためのバイク工学入門書である。

例えばトルクとは何か、カタログ値に書かれているものとの違いなどから始まり、バイクの操縦安定性やタイヤに関すること、ディメンジョンなど、カタログから読み取れること、実際に走らせて感じられることの理論的解説など、事細かに説明が図解とともに記されているので、これらを読み解けば、自ら駆っているバイクがなぜそういう動きをしたのか、より、スムーズかつ速く安全に走らせるにはどのようにすれば尚良いのかというライディングのヒントに繋がるであろう。

本書は1994年12月刊行の同名の書の内容をアップデートし、カバーデザインを一新した新装版である。

  • 内田俊一
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ