ZFが新世代の車載コンピュータ発表、車両制御機能を統合…CES 2022

テクノロジー レスポンス

ZFは1月5日、米国ラスベガスで開幕したCES 2022において、新世代の高性能コンピューティングプラットフォームの「ビークル・モーション・ドメイン(VMD)コントローラー」を発表した。

VMDコントローラーは、あらゆるシャシープラットフォーム、車両制御機能、次世代の「ソフトウェア・デファインド・ビークル(SDV)」やドメイン型やゾーン型E/Eアーキテクチャに適合する車載セントラルコンピュータだ。

車両の乗り心地とハンドリング特性は、主にシャシーによって決定される。ZFのVMDコントローラーは、車両制御やパワーマネジメントなど、さまざまな車両機能を統合するように設計されている。1つのユニットでシャシーと車両機能を調整し、ECUの追加なしで車両制御機能を統合できるという。

また、VMDコントローラーをADAS (先進運転支援システム)や自動運転アプリケーション用の高性能コンピューティングプラットフォームの「ProAI」に接続することもできる。

ZFは、未来の車両が、VMDやProAIコントローラーといった強力なコンピュータによって制御されると考えている。これらは、主要な車両ドメインを制御し、自動運転、電動化、車両制御、統合安全を実現する計算量の多いソフトウェア機能を実行する、としている。

  • 森脇稔
  • ZFの新世代の車載コンピュータ《photo by ZF》
  • ZFの新世代の車載コンピュータ《photo by ZF》
  • CES 2022《Photo by Andrej Sokolow/picture alliance via Getty Images/ゲッティイメージズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ