ZF、次世代の自動運転システムをベトナムEVメーカーと共同開発へ

業界 レスポンス

ZFは1月5日、米国ラスベガスで開幕したCES 2022において、ベトナムのEVメーカーのビンファストと次世代の自動運転システムを共同開発すると発表した。

ビンファストは、ハードウェア、ソフトウェア、システム統合に関するZFのノウハウを活用する。近い将来、高度な自動運転を可能にするプラットフォームを実用化する予定だ。

ZFは、カメラ、レーダー、LiDARをはじめ、セントラル・コントロール・ユニットのネットワークに接続するためのセンサーフュージョンをビンファストに納入する主要なシステムパートナーになる。これにより、ビンファストとZFは、自動運転レベル2+、渋滞や高速道路走行時の自動運転、自動バレーパーキングといった機能の開発が可能になる。

中国、ドイツ、北米などのZFのグローバルエンジニアリングチームが共同開発したビンファストの自動運転システムとレベル2 +の機能は、2022年半ばから段階的にビンファストの新型EVに搭載される予定。これは、センサーセットとセントラルコントローラーを活用し、都市部や高速道路、駐車時にレベル3の高度な自動運転を可能にする。

また、このシステムは、車両のセンサーセットに依存するように設計された最初のシステムであり、事前マッピングや駐車場への設備工事を必要としないZFの自動バレーパーキングソリューションが含まれる、としている。

  • 森脇稔
  • ビンファスト VF e35 と VF e36(参考)《photo by VinFast》
  • ビンファスト VF e35 と VF e36(参考)《photo by VinFast》
  • ビンファストVF7(CES 2022)《Photo by Tayfun Coskun/Anadolu Agency via Getty Images/ゲッティイメージズ》
  • ビンファストVF9とレ・ティ・トゥ・トゥイCEO(CES 2022)《Photo by Denise Truscello/Getty Images for VinFast/Getty Images Entertainment/ゲッティイメージズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ