ZF、高性能で手頃なコストの新世代LiDARセンサー開発中…CES 2022

業界 レスポンス

ZFは1月5日、米国ラスベガスで開幕したCES 2022において、2022年前半に新世代のLiDAR(ライダー)を初公開すると発表した。

この新世代のLiDARは、パートナーのIbeoと共同開発しているもの。ソリッドステートのIbeo 「Next LiDAR」と呼ばれる。また、優れたパフォーマンスを手頃なコストで実現する次世代のLiDARも開発中だ。

ZFは、「S-Cam4.8」をはじめ、世界をリードする乗用車向け前方カメラ事業のセンサーセットの供給などを通じて、自動運転の基盤を提供している。100度の視野角で初めて量産された単眼カメラのS-Cam4.8は、現在、さまざまな顧客に採用されている。S-Cam4.8の広い視野は、多くの車両を識別することができるため、急カーブや交差点で効果を発揮。また、歩行者や自転車の早期検出も可能という。

すでにZFは、ミドルレンジレーダーとフルレンジレーダーのオプションを含む次世代レーダーを発表している。これにより、センシング範囲と解像度が向上する。 ZFの次世代レーダーファミリーには、高度な3Dアンテナのオプションと、セントラルプロセッサーにデータを送り、手頃なコストで360度センシング可能なリモートレーダーヘッドを備えたシステムが含まれている。

なお、ZFのセンサーキットには、カメラとレーダーに冗長性を持たせる3番目のセンサーとして、LiDARのオプションも含まれており、周辺環境をより詳細に検出する、としている。

  • 森脇稔
  • ZFの先進運転支援システム(ADAS)向けセンサーセット《photo by ZF》
  • CES 2022《Photo by Tayfun Coskun/Anadolu Agency via Getty Images/ゲッティイメージズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ