三菱自動車、新型軽EVとラリーアートコンセプトの写真発表

新車 レスポンス

三菱自動車は、1月14日から16日まで幕張メッセで開催される「東京オートサロン2022」に出展、新型軽EVおよびラリーアートブランドのコンセプトカーを世界初披露する。

三菱自動車のブースは『次の時代の、次の冒険を。』がテーマ。電動車とSUVを中心に、環境に配慮しながらアクティブなカーライフを楽しめるコンセプトカーとカスタムカーを展示する。世界初披露となるコンセプトカー『K-EVコンセプト Xスタイル』と『ヴィジョン ラリアート コンセプト』に加え、クロスオーバーSUV『アウトランダー』および『エクリプスクロス』、ミニバン『デリカD:5』、軽商用EV『ミニキャブ・ミーブ』のカスタムカーなど合計7台を参考出品。環境に配慮した安全・安心で快適な三菱車の魅力をいっそう高めて提案する。

●K-EVコンセプト Xスタイル

2022年度初頭に発売を予定している新型軽EVのコンセプトカー。取り回しがよく運転しやすい軽自動車の魅力と、滑らかで力強い加速と静かで上質な乗り心地というEVの魅力に加え、先進の運転支援機能やコネクティッド機能を装備。環境に配慮した安心・安全で快適な新世代の軽EVとしている。

外観は、アクティブなSUVテイストのスタイリングに、クリーンかつソリッドなイメージのマットブルーのボディカラーと、EVのモーターコイルをイメージしたカッパーのルーフ色の2トーンカラーの組み合わせ。フロントバンパー、ボディサイド、リヤゲートには「X」のロゴ。この「X」は、軽ハイトワゴンにSUVテイストのスタイリングを掛け合わせたこと、さらにEVの魅力を掛け合わせたことを象徴している。

●ヴィジョン ラリーアート コンセプト

三菱自動車のエンジニアリング技術とクルマづくりにかける情熱を結集し、プレミアムで圧倒的な存在感のスタイリングとすることで、新しいラリーアートの可能性を表現。また、様々な天候や路面でも安心して快適に楽しめる三菱自動車らしい走りをさらに磨き上げた。

重厚感があり機能美を感じさせる前後バンパーと大きく張り出した前後オーバーフェンダーによってボリュームのある筋肉質で力強いフォルムを実現。ラジエーターシャッター付きのフロントグリル、レーシーな印象を与える大型リヤディフューザーによってスポーティさを際立たせている。ボディカラーは光の当たり方によってブルーのハイライトが浮かびあがる特殊な加工を施したマットブラックを採用。見る角度によって多面的で奥深い表情を見せ、プレミアムな印象を与える。

また、ワイドトレッドとして22インチの大径ホイール&タイヤを装着。さらに強力なモータートルクに見合った制動性能を発揮する大径ブレーキディスクと対向6ポットキャリパーを採用し、「走る」「曲がる」「止まる」のレベルを一段と高めている。

●アウトランダー ラリーアートスタイル、エクリプス クロス ラリーアートスタイル

ラリーアートアクセサリーを装着し、自分らしい走りやスタイリングを求めるユーザーに特別なワクワク感を提案する。ボディカラーは上質で高輝度なホワイトダイヤモンドとし、フロント、サイド、リヤのガーニッシュやテールゲートスポイラーにレッドのアクセントカラーを施し、スポーティな印象とした。

また三菱自動車らしさを印象付ける「Ralliart」ロゴ入りのサイドデカールとマッドフラップを装着し、ラリーアートの走りにかける情熱を表現。アルミホイールをブラックとすることで足元を引き締めた。

●デリカD:5 タフ×タフ

アフターパーツメーカーの多彩なパーツとラリーアートアクセサリーを装着することで、デリカD:5が持つ「タフさ(Tough)」をさらに強調するオフロード仕様として提案する。

ブラックマイカのボディにマットブラックのフロントグリルとフェンダーガーニッシュを装着してブラックで統一。さらにラリーアートアクセサリーであるレッドのドアミラーやフォグランプガーニッシュをアクセントとして装着した。さらにショックアブソーバーとスプリングを変更してリフトアップ。16インチアルミホイール&オールテレーンタイヤを採用し、フロントガード、リヤガード、マッドフラップを装着することでタフなオフロードスタイルを表現している。

また、2〜3列目をフルフラットにするベッドキットや、クルマでテント泊ができるルーフラック&テントなどにより、アクティブでタフなオフロード&キャンプスタイルとしている。

●アウトランダー ワイルドアドベンチャースタイル

三菱自動車の純正アクセサリーと老舗アウトドアブランド「ogawa」とのコラボレーションにより、アウトドアレジャーを満喫できる仕様として提案する。

ボディカラーは光の当たり方によって多彩な輝きを放つブラックダイヤモンド。フロント、サイド、リヤのガーニッシュとリヤスポイラーによってスポーティな装いとし、サイドバー、リヤバンパープロテクター、マッドガードによってSUVのタフさを強調した。ベースキャリアやトレーラーヒッチメンバー、ogawaとコラボレーションした純正アクセサリーのキャンプ用品により、ワイルドなキャンプスタイルとしている。

●ミニキャブ・ミーブ B-レジャースタイル

平日は移動式オフィスとして、休日はソロキャンプを楽しめる、EVならではの給電機能を活用したプライベートからビジネスまで快適に楽しめる仕様として提案する。

森林やキャンプ場をイメージさせるモスグリーンのボディカラーとアイボリーのルーフ色の2トーンカラーとし、ボディサイドにはEVを象徴する電源プラグやテントやデスクのデカールをあしらい、その世界観を表現している。

カーサイドタープやキャンプ用テーブル、ソファなどのキャンプ用品を装備することで、アウトドアスタイルとした。またリヤスペースをフルフラットとして居住性を高め、テレワークに必要なテーブルや座椅子、ラグマットなどを装備することで、プライベートな空間を演出。さらに、駆動用バッテリーの電力を利用できる「ミーブ・パワーボックス」を活用すれば、電気ケトルやコーヒーメーカー、パソコンなどの電化製品を屋外でも使用可能。快適性と利便性を兼ね備えたアクティブなビジネス&レジャースタイルとしている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 K-EVコンセプト Xスタイル《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 ヴィジョン ラリーアート コンセプト《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 ヴィジョン ラリーアート コンセプト《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 アウトランダー ラリーアートスタイル《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 エクリプス クロス ラリーアートスタイル《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 アウトランダー ワイルドアドベンチャースタイル《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 デリカD:5 タフ×タフ《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 ミニキャブ・ミーブ B-レジャースタイル《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ