商用EVを活用してエネルギーを最適制御する実証実験を実施

エコカー レスポンス

伊藤忠商事は1月12日、アイ・グリッド・ソリューションズと連携し、既存の太陽光発電・蓄電池・事業所に加えて、商用電気自動車(EV)を連携して、AI(人工知能)で各設備のエネルギーを最適制御する実証を2022年1月から開始すると発表した。

ヤオコーのスーパーマーケット川越的場店に構築しているエネルギーマネジメントシステムを用いた分散型電源プラットフォームで、ネットスーパー宅配用車両の一部をEVへの置き換えて検証する。

配送時間外はV2H充放電器を通じてプラットフォームにEVを常時接続、施設の電力使用状況や太陽光発電システムの発電量状況、蓄電池の充電残量、EVの電池残量、配送スケジュールなどの要素を踏まえた上で、AIがEVの最適充放電を制御する。電力ピーク時を避けての充電や、ピーク時に放電する。太陽光発電と蓄電池のみの場合と比較してピークカット効果を高め、電力料金削減を図る。

今回、EVはAZAPAが開発した、軽自動車規格のコンバージョンEVを使用する。AZAPA独自の車両制御・通信システムから得られる様々な情報を活用することで、高度なモビリティとエネルギーの融合に取り組む。

また、車両には中古EV電池を搭載し、走行性能を含め各種評価する。既に事例構築済みの定置型蓄電池用リユースに加え、短距離配送用リユース事例を検証することで、EV電池の循環利用促進につなげる。

実証を通じて比較的早期普及が見込まれる小型商用EVを用いたラストワンマイル物流分野で、車両運用と効果的なエネルギーマネジメントにより経済性を向上させる実例を作り上げる。これによって分散型電源プラットフォームサービスの機能拡大を図る。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ