目指したのは「ストリートベストスポーツチューン」! オートエクゼがロードスターとCX-5の新たな形を提案…東京オートサロン2022

新車 レスポンス

2022年1月14日、千葉県にある幕張メッセでは、2年ぶりとなるカスタムカーの祭典、東京オートサロン2022が開幕。会場には日本中から、数多くのカスタムカーが集結した。

そんな中「マツダ車個性化プロジェクト」を掲げ、マツダ車をメインにトータルチューニングを手掛けるオートエクゼは、『CX-5』と『NDロードスター』をベースとした2台のコンプリートカーを展示。マツダ車を熟知しているからこそできる、完成度の高い「感性チューニング」を披露した。

まず、ロードスターをベースとした「ND-06S」は、「ストリートベストスポーツチューン」を目指すオートエクゼのコンプリートカーの中では、尖がったモデル。ワインディングやサーキットなどでの、スポーツ走行を主軸にチューニングした1台だという。「高限界ピュアスポーツ」を目指し、俊敏性や遊びの少なさといったソリッド感ある走りを求めるユーザー向けに開発された。

広報宣伝部部長相馬氏は、「具体的には、走りの要となるサスペンションやクラブスポーツブレーキキットなどを中心に、ボディの補強や吸排気系のチューニング、スポーツステアリングやフルバケットシートなど、ノーマルでは物足りない人がスポーツ走行などでしっかりと走れるような仕様に仕上げました」と説明している。

そんなND-06Sのコンセプトは、「ワインディング、時々サーキット」。サーキットでの走りがメインというよりは、あくまでもワインディングなどで攻めた走りを楽しんで貰うための提案だ。

そしてCX-5ベースの「KF-06B」は、今回東京オートサロン2022で初公開された最新カスタム。同社のメインコンセプトである、「ストリートベストのスポーツチューン」が追求されたモデルだという。ストリートでの快適性を備えながら、SUVでもスポーツカーのように走りを楽しめる1台に仕上げたと説明された。

両モデルとも重視されたのはスペックの追求ではなく、感性でのフィーリング。元々スポーツ思考であるマツダ車の走りをより快適に、運転を楽しみたいドライバーが気持ちよく感じられるセッティングに仕上げられている。

そして、その運転する気持ちよさを感じられるクルマにするために同社は、パーツの部分的な変更ではなくクルマのトータルパッケージとして、完成度が高まるようなコンプリートチューンを行っていると強調した。

なお、両コンプリートカーに搭載されたパーツの1部はディーラーオプションとして設定されており、新車購入時に装着することも可能。

また、KF-06Bにおいては、現在実車を見ることができるのは、同会場のみとなっているため、CX-5の購入を考えている人は、是非オートエクゼブースに立ち寄ってみてはいかがだろうか。

  • 先川知香
  • ロードスター「ND-06S」のフロント《写真撮影 先川知香》
  • ロードスター「KF-06B」のフロント《写真撮影 先川知香》
  • ロードスター「ND-06S」のフロント《写真撮影 先川知香》
  • ロードスター「ND-06S」のフロント《写真撮影 先川知香》
  • ロードスター「ND-06S」のコクピット《写真撮影 先川知香》
  • ロードスター「ND-06S」のリア《写真撮影 先川知香》
  • ロードスター「ND-06S」のリア《写真撮影 先川知香》
  • ロードスター「ND-06S」のサイド《写真撮影 先川知香》
  • ロードスター「ND-06S」のエンジンルーム《写真撮影 先川知香》
  • ロードスター「ND-06S」の室内《写真撮影 先川知香》
  • CX-5「KF-06B」のホイール《写真撮影 先川知香》
  • CX-5「KF-06B」のドアノブ《写真撮影 先川知香》
  • CX-5「KF-06B」のフロント《写真撮影 先川知香》
  • CX-5「KF-06B」のフロント《写真撮影 先川知香》
  • CX-5「KF-06B」のフロント《写真撮影 先川知香》
  • CX-5「KF-06B」のエキゾースト《写真撮影 先川知香》
  • CX-5「KF-06B」のウィング《写真撮影 先川知香》
  • CX-5「KF-06B」のエンジンルーム《写真撮影 先川知香》
  • CX-5「KF-06B」のフロント《写真撮影 先川知香》
  • オートエクゼ(東京オートサロン2022)《写真撮影 先川知香》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ