スポーツメーカーのミズノが東京オートサロン2022に初出展、そのねらいとは?

業界 レスポンス

「自動車とファッション」という接点において、今注目を集める企業がある。スポーツメーカーのミズノだ。

昨年、マツダとのコラボレーションでドライビングシューズを手掛けたことでも知られるミズノ。そんなミズノも東京オートサロン2022に初出展する企業の一つだ。

ミズノは、これまでも一般的な作業用ウェアをはじめ、モータースポーツチームスタッフへのウェア提供を行って来た。それはスポーツメーカーならではの動作パフォーマンスを高めるための機能性の追求や、快適性を保つ素材へのノウハウがあるためだ。そして何と言ってもスポーツメーカーが得意とする”スポーティな演出”こそ、モータースポーツには欠かせないエッセンスといえる。

これまでも、TOMS、SARD、ホンダアクセス、ヤマハ、富士スピードウェイへウェア提供の実績があり、現場からの高い評価を得ているミズノ。

「実はクルマとの親和性が高い」と語るのは、ミズノ株式会社ワークビジネス事業部の香山信哉氏。

「レースウェアは防寒、通気性、動きやすさを重点においており、特にレースを支える人たちの役に立ちたいと常に考えている。」と話す。

今後は本場欧州のモータースポーツ市場においても、ブランド拡大のチャンスを狙う構えだ。

スポーツメーカーが手がけるドライビングファッションをぜひブースでご覧いただきたい。

  • 吉澤憲治
  • パフォーマンスを最大に発揮するために、機能性や快適性を徹底追求したウェア《写真撮影 吉澤憲治》
  • スポーツメーカーのミズノが東京オートサロン2022に初出展《写真撮影 吉澤憲治》
  • マツダとのコラボレーションで誕生したドライビングシューズはマクアケで購入可能《写真撮影 吉澤憲治》
  • レースチームのウェアも手掛けるミズノ《写真撮影 吉澤憲治》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ