日本で最も危険な交差点は大阪・法円坂と福岡・針摺

テクノロジー レスポンス

日本損害保険協会は1月12日、「全国交通事故多発交差点マップ」の最新版を発表した。2020年の人身事故件数ワーストは大阪府の「法円坂交差点」と福岡県の「針摺交差点」だった。

マップは、人身事故の半数以上が発生する「交差点」「交差点付近」での交通事故の防止・軽減を目的に、全国の地方新聞社、各都道府県警察の協力を得て、都道府県ごとの事故多発交差点ワースト5(人身事故件数)について交差点の特徴や事故要因、予防方策などを紹介している。

2020年の交通事故データによると全国の人身事故件数自体は大幅に減少しており、10年前と比べると57.4%減の30万9178件だった。「交差点」「交差点付近」での事故も減少しているものの、事故全体に占める割合は約55%とほぼ横ばいで推移している。

2020年の人身事故件数ワーストは大阪府の「法円坂交差点」と福岡県の「針摺交差点」がともに22件で1位だった。3位は大阪府の「梅新東交差点」で18件、4位が大阪府の「讃良川交差点」と大阪府の「西本町交差点」でともに16件だった。

ワースト10のうち、大阪府が6カ所ランクされている。

  • レスポンス編集部
  • 梅新東交差点《写真提供 写真AC》
  • 人身事故多発交差点ワースト10(2020年)《画像提供 日本損害保険協会》
  • 全国交通事故多発交差点マップを更新《画像提供 日本損害保険協会》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ