デンソー、第3世代の車両周辺環境認識システムを開発…ノア&ヴォクシー新型など搭載

テクノロジー レスポンス

デンソーは1月14日、車両の周辺環境を認識し、安全性能向上に貢献する「グローバルセーフティパッケージ3」を開発したと発表した。

日野『レンジャー』(2021年8月発売)、レクサス『NX』(2021年10月発売)、トヨタ『ノア』『ヴォクシー』(2022年1月発売)に搭載する予防安全システム向けの製品として採用されている。

グローバルセーフティパッケージ3は、車両や道路などの形状を検知する「ミリ波レーダー」と、カメラで自車の前方環境を検知する「画像センサー」を組み合わせることで、ドライバーの運転を支援するシステム。デンソーは、予防安全・運転支援シーンの拡大と小型・低コストの両立をコンセプトに、3世代目となる製品を開発した。

ミリ波レーダーは、検知角度と距離を拡大し、速度分解能を向上。右折時に前方からくる対向直進車や、右左折時に前方から接近する横断歩行者との衝突回避支援など、交差点での衝突事故回避に貢献する。また、さまざまな車種への搭載を目指し、検知性能の改善とレーダーの小型軽量化を両立し、車両への搭載制約を軽減している。

画像センサーは水平画角を拡大し、交差点での衝突事故回避を支援。また、車両の検知距離も拡大し、より広い速度域での車間制御クルージング、レーンチェンジ支援の実現に貢献す。さらに、AI技術を活用し認識性能を向上。車間維持支援、交通標識認識支援などの機能拡大に貢献する。

デンソーは、今後も高度運転支援に関する技術開発を推進し、ドライバー、歩行者をはじめとする、世界中のすべての人にとって安全で自由な移動の実現に取り組んでいく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 交差点右折時の対向直進車検知機能(ノア/ヴォクシー)《写真提供 トヨタ自動車》
  • ミリ波レーダー《写真提供 デンソー》
  • 画像センサー(日野自動車向け)《写真提供 デンソー》
  • 画像センサー(トヨタ自動車向け)《写真提供 デンソー》
  • レクサスNX《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ