駐車場の精算をアプリで…スマホ操作でロックプレートを降ろす タイムズ

業界 レスポンス

日本でもカード決済やQRコード決済、スマホ決済の利用が進む。タイムズパーキングもカード決済やQRコード決済に対応しているが、18日よりアプリだけで精算が完結するサービスを開始する。

アプリ決済、キャッシュレス決済対応がいまごろ? と思うかもしれないが、この発表の特徴はタイムズ24が運営する自社の「タイムズクラブアプリ」の操作だけで支払いを済ませることができる点だ。精算機の前でQRコードを読ませたり、クレジットカードを挿入したりする必要がない。スマホ操作でロックバーを下げることができる。もちろん料金の精算も登録したクレジットカードで処理される。

事前精算機の前にならんだり、雨でも窓を開ける必要がない。停めてある車に乗り込んだらアプリ操作でそのまま出口に向かうことができる。コロナ禍においては、精算機などに触らないですむというのも便利ポイントのひとつとなるだろう。

操作手順はクラブアプリから「支払い」(¥マーク)を選び、スマホ周辺のタイムズパークを探して停めてある駐車場と枠の番号を入力する。内容がOKなら支払いを確定させるとロックバー、ロックプレートが自動で下がってフリーとなる。あとはそのまま車を出すだけだ。最初は駐車場の名称指定で戸惑うかもしれないが、操作は1、2分もあれば終わる。慣れれば1分かからない。

位置情報はスマホ本体が測位した情報を利用する。アプリはその周辺(半径200メートルくらい)の駐車場を表示するので正しい駐車場を選び、駐車位置番号(枠番号)で精算する対象を特定する。従来のコインパークでもそうだが、精算する駐車位置番号を間違えると、その車の料金を精算してしまうので注意が必要だ。間違えた場合は、駐車場に表示されている管理者、タイムズパークのコールセンターに連絡すればよい(普通の決済ミス、トラブルと同じ処理)。

なお、スマホ本体が測位する位置情報は、端末の仕様に依存する。通常はスマホがそのときつかまえた基地局アンテナの位置情報が基本となる。これに本体GPSアンテナの測位情報やWi-Fiスポットの位置情報などを利用して、地下やビルの中でもある程度位置がわかるようになっている。どの方法で位置を決めるかは、スマホ本体のハードウェア仕様とアプリがどこまで処理して位置を決めるかによって変わる。

アプリ精算に対応するのは、タイムズ24オリジナルの精算機のうち全国約2800台。18日から使えるようになる。オリジナル精算機は現在3100箇所ほどに展開しているといい、残りの精算機も順次アプリ精算に対応していくという。オリジナル精算機は写真にある本体がグレーのものだ。それ以外の色や形状の精算機は、駐車場の管理者、施設側との調整しだいで対応可能となる。他社の精算機はタイムズ24のネットワークにつながっていないなどの理由で、対応するには若干の開発・構築が必要となる。

  • 中尾真二
  • オリジナル精算機はこのタイプ《撮影 中尾真二》
  • タイムズクラブアプリがスマホのみ精算に対応《撮影 中尾真二》
  • 実際のデモ:まだロックプレートは上がっている《撮影 中尾真二》
  • 駐車場所確認画面《撮影 中尾真二》
  • 駐車位置入力画面《撮影 中尾真二》
  • 確認したら精算《撮影 中尾真二》
  • ロックプレートはすぐに下がる《撮影 中尾真二》
  • パーク24 タイムズクラブ推進部 光安壯介氏《撮影 中尾真二》
  • タイムズは1991年から無人精算システムを導入《撮影 中尾真二》
  • タイムズクラブアプリがスマホのみ精算に対応《撮影 中尾真二》
  • タイムズのキャッシュレス決済の歴史1《撮影 中尾真二》
  • タイムズのキャッシュレス決済の歴史2《撮影 中尾真二》
  • アプリの登録《撮影 中尾真二》
  • アプリの操作1:駐車場選択《撮影 中尾真二》
  • 駐車位置番号入力《撮影 中尾真二》
  • 精算画面《撮影 中尾真二》
  • タイムズクラブアプリがスマホのみ精算に対応《撮影 中尾真二》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ