レクサス欧州販売が2年ぶりに増加、SUV比率は約9割に 2021年

業界 レスポンス

レクサス(Lexus)は1月13日、2021年の欧州新車販売の結果を発表した。総販売台数は、7万2441台。前年比は2%増と、2年ぶりに前年実績を上回った。

車種別の販売実績では、入門コンパクトSUVの『UX』が2万1144台を販売した。前年比は25%増と伸びて、レクサスの欧州販売全体のおよそ3割を占める最量販車になった。

新型投入を控えた『NX』が1万9493台、『RX』が1万8346台で続いた。モデル末期の『LX』は2843台、『GX』は1181台を売り上げた。SUV5車種は合計で、レクサス欧州販売の87%を占めている。

乗用車では、『ES』が前年比19%増の6872台を販売した。クーペの『RC』は90台にとどまった。『CT200h』は1249台、『IS』は628台、最上級クーペ&オープンの『LC』は、前年比53%増の420台を販売している。『LS』は175台で、改良新型の効果で前年比は46%増と伸びている。

  • 森脇稔
  • レクサスの欧州SUV《photo by Lexus》
  • レクサスの欧州SUV《photo by Lexus》
  • レクサス UX(欧州仕様)《photo by Lexus》
  • レクサスRX (欧州仕様)《photo by Lexus》
  • レクサスES(欧州仕様)《photo by Lexus》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ