マウンテンベースというがこのまま事務所にできる日産 キャラバン…東京オートサロン2022

新車 レスポンス

日産自動車が東京オートサロン2022に出品した『CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT』は、移動する山小屋をイメージしたカスタムカーだ。だが、内装を見るとこれはオフィスとして使えるのでは?

日産の資料によれば、昨年マイナーチェンジしたキャラバンをベースに「トレイルランナーが山で遊びつくすための基地」となっている。木目調の内装とシンプルな空間。ボディサイド内側に沿ったカウンターテーブル以外は内装家具などはほとんどない。逆にいかようにも荷物やグッズを展開できるということだ。

ウィンドウは電子シェードになっていて窓と壁(不透明化)を切り替えることができる。壁面の見た目はフラットな木目パネルだが、その表面に透過式フィルムディスプレイが貼り付けられている。そのため壁がそのままシームレスなディスプレイになる。デモカーには運転席との仕切りに大型ディスプレイが埋め込まれていた。こちらは映画や動画を楽しむためということだろう。

ルーフには可動式のソーラーパネルが装備されパネルの角度や向きが変えられる。ソーラーパネルに対応したポータブルバッテリーも搭載しているので、キャビン内は家電製品なども使える。

イメージは山小屋というが、シンプルで洗練された内装はそのまま移動オフィスとして使えそうだ。コロナパンデミックによる生活スタイルの変化によって、リモートワークも一定の認知が進んでいる。ベンチャー企業などはオフィスを最小限にダウンサイズする動きもある。フリーランスや個人事業主で自宅を事務所にしている人は、こんな車があれば事務所をこのキャラバン(のような装備の車)にしてもいいはずだ。電源は確保されるので、モバイルルータとスマホとPCがあれば不可能ではない。

この仕様でEVキャラバンを日産は出すべきではないだろうか。

  • 中尾真二
  • 日産 CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT(東京オートサロン2022)≪撮影 中尾真二≫
  • 日産 CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT(東京オートサロン2022)≪撮影 中尾真二≫
  • 日産 CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT(東京オートサロン2022)≪撮影 中尾真二≫
  • 日産 CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT(東京オートサロン2022)≪撮影 中尾真二≫
  • 日産 CARAVAN MOUNTAIN BASE CONCEPT(東京オートサロン2022)≪撮影 中尾真二≫
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ