オープンカントリー装着車両、市販車部門で1-2フィニッシュ…ダカールラリー2022

モータースポーツ レスポンス

1月1日から14日、サウジアラビアで開催された「ダカールラリー2022」にて、TOYO TIRE(トーヨータイヤ)の「オープンカントリー M/T-R」を装着したチームランドクルーザー・トヨタオートボデー(TLC)のトヨタ『ランドクルーザー』が市販車部門で1-2フィニッシュを飾った。

トーヨータイヤは昨年7月、TLCのダカールラリー参戦へのサポートを行うことを発表。合同での走行テストなどを通じて、「オープンカントリー M/T-R LT285/70R17 116/113P」を開発。TLCの参戦車両2台(三浦昂/ローラン・リシトロイシター組、ロナルド・バソ/ジャン・ミッシェル・ポラト組)に同製品を装着して本戦に臨んだ。

ダカールラリー2022は、コース上の各所に設けられたスペシャルステージ(競技区間)の累積走行タイムを競うもので、競技区間をつなぐリエゾンセクション(移動区間)を合わせた総走行距離約は8000km以上に及ぶ。砂丘や岩場に加えて、降雨により路面状態が悪化した箇所もあるなど、厳しいコースコンディションの中、オープンカントリー M/T-Rが高い悪路走破性や耐外傷性を発揮。TLC参戦車両は2台とも完走した結果、市販車部門にて三浦/リシトロイシター組が1位、バソ/ポラト組が2位のワンツーフィニッシュを果たした。また、三浦/リシトロイシター組の優勝により、市販車部門での9連覇を併せて達成した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • クラス優勝した三浦昂選手とLaurent Lichtleuchter選手《写真提供 TOYO TIRE》
  • オープンカントリーM/T-R《写真提供 TOYO TIRE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ