Open Street、マイクロモビリティシェアサービスを提案…オートモーティブワールド2022に初出展

新車 レスポンス

マイクロモビリティに特化したシェアサービスプラットフォームを提供するOpen Streetは1月19日に東京ビッグサイトで開幕したオートモーティブワールド2022に初出展し、電動アシスト自転車をから超小型EV(電気自動車)までの様々なソリューションを提案している。

Open Streetは現在、全国200都市、約4400か所以上で自転車の貸出・返却が可能なシャアサイクルプラットフォーム『HELLO CYCLING』を始め、スクーターや超小型EVの乗り捨て型シェアサービス『HELLO SCOOTER』、企業や個人が所有する空き駐車場とドライバーをマッチングするスマートパーキングプラットフォームなどを提供している。

Open Streetの小森谷翼氏は「サービスの提供開始から6年が経過し、ようやく認知して頂いているという実感がある。また自転車だけではなく、最近ではスクーターや超小型EVも実はラインアップに加わっているということも発信していきたい」と、初出展の経緯を明かす。

Open Streetのブースでは岐阜・多治見市でのカーシェア実証実験で使用しているトヨタ自動車の超小型EV『C+pod』を始め、電動アシスト自転車やスクーターの実車展示とともに、各シェアサービスを紹介している。

  • 小松哲也
  • Open Street(オートモーティブワールド2022)《写真撮影 小松哲也》
  • Open Street(オートモーティブワールド2022)《写真撮影 小松哲也》
  • Open Street(オートモーティブワールド2022)《写真撮影 小松哲也》
  • Open Street(オートモーティブワールド2022)《写真撮影 小松哲也》
  • Open Street(オートモーティブワールド2022)《写真撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ